持ってさえいれば値上がりした土地


かつて土地神話というものが信じられていました。土地は持ってさえいれば、確実に値上がりするという神話です。戦後の地価動向を振り返ると、それは別に神話ではなく、歴然とした事実だったことが分かります。一般財団法人日本不動産研究所で公表する市街地価格指数の変動率の推移を、昭和30年以降振り返ってみましょう。昭和30年以降の60年、地価が大幅に上がった時期が3回ありました。第一の時期は、昭和30年代中ごろです。この時は工業地で市街地価格指数の変動率が50%を超えました。前年の1・5倍以上に上がったわけです。

地価

経済白書が「もはや戦後ではない」と記述したのが、1956(昭和31)年のこと。昭和30年代中ごろと言えば、高度経済成長真っ盛りの時期です。重厚長大産業の盛んな設備投資が、地価を押し上げたと見られます。第二の時期は、昭和40年代後半です。このときは住宅地が突出して値上がりしました。大都市圏では高度経済成長に伴って地方からの人口流入に拍車が掛かっていたうえ、団塊の世代が適齢期を迎え、自然増による人口増加も顕著でした。多くの人が、大都市圈郊外に新しく広い住まいを求めました。旺盛な需要を背景に、郊外団地の開発が進んだのも、この頃です。地価を押し上げる主役は、企業から個人に変わりました。第三の時期は、時代が昭和から平成に変わる前後の、いわゆるバブル経済の時代です。このとき、地価高騰を先導したのは、大都市部の商業地です。

大都市

新しいオフィスビルが次々に建設され、都心近くでも住宅地として機能していた街は次第にビル街へと様子を変えていきました。再開発の計画もあちこちで浮上しました。都心部でビルを求める需要が地価を押し上げ、それが周辺部にまで広がっていきました。地価は景気の遅行指標といわれます。つまり、景気が良くなれば、それに続いて地価も上がるということです。これまで紹介した3つの時期はいずれも、景気の良かった時期と重なります。地価が景気の遅行指標として機能していたことが分かります。


兵庫で暮らしていて分かった事。兵庫県は明石市で今私は暮らしているのですが,明石市は林崎海岸で浅い海で子どもと遊ぶこともでき松江海水浴場もあり海が好きという方にはオススメのエリアです。
朝ウォーキングしながら朝日を眺めることもでき,夕方は沈む夕陽を眺めたり金ヶ崎公園でそよ風と木々を感じたりいろいろ自然が多くて子育て環境もバランスも整っているのです。
また西明石駅なら新幹線も走っているため旅行でも困ることがありません。とにかくそれ以外にもスーパーや金融機関なんかも充実してとってももし貴方が兵庫県のどこで賃貸物件を探そうかなと悩んでいるなら明石市が良いかもしれません。特にお子さんがいらっしゃる方なんかにはやっぱり都会すぎても駄目だと思うし。ぜひ参考に賃貸物件を探してみてください。

武庫之荘駅は梅田まで約15分で神戸には20分という大変アクセスに優れたエリアです。その駅周辺にはのどかなゆったりとした時間が流れており住むのにはとてもオススメなエリアとなっています。
小さい駅でもありながら,24時間営業のコンビニやスーパーも多数立地しているので,快適な生活を送る上でかなりオススメなんです。都市から少し離れた落ち着いた賃貸物件を探しているという方にはきっといい部屋が見つけることができる地域だと思っています。一人暮らしにもオススメな物件だけでなくファミリー層にもオススメな賃貸物件が武庫之荘エリアにはあります。
尼崎市ということで,治安が悪いイメージがあるようですが,それは昔で,武庫之荘は特に治安が良い方ですので特に怖い思いをしたということもありません。なので武庫之荘エリアでぜひ賃貸物件を始めましょう。

兵庫県の明石市は子育て世代にはありがたい地域となっています。なぜかというとこども医療助成制度が充実しており中学生まで医療費の自己負担額がゼロとなっており,また自然の多いきれいな公園が沢山あって,子供が喜びそうな遊ぶのにちょうどいい公園も充実しております。海も近く気軽に海へ行けるというのもありがたくないですか。それだけでなく,新幹線がとまりますし交通インフラもかなり徒と得られています。 新幹線があったので旅行のときはスムーズに移動できて楽です。ファミリー向けのきれいで大きい賃貸物件も明石市には充実しております。
子どもが多い街だと街の人たちも子どもに優しく,一緒に外出できるのでむだに気も使わないので快適ですよ。
本当に,都市機能と自然のいいとこ取りをしたようなすばらしいエリアだと感じます。
ぜひ明石市で賃貸物件をあなたもみつけませんか?