住居併設だから街の活気を維持できる


もう一つ、地方都市中心部の疲弊する理由として確信している点があります。それは、中心部から住居が失われ、業務や商業用途の建物ばかりになってしまったという点です。地方都市といえども中心部ですから、地価は周囲に比べ高い傾向にあります。固定資産税をはじめ、土地の保有コストは高くつきます。

地方都市

さらに相続時には、資産価値がそれだけ高く評価され、その結果、税負担がかさむことも考えられます。一代くらいは耐えられますが、二代、三代と続くと潜在的な力も落ちてきます。地主は税対策として、土地の有効活用を検討するでしょう。活用を図ることで収益を上げ、固定資産税をはじめとする保有コストを捻出するわけです。金融機関からの融資を元手に建物を建設し、それを貸しに出せば、相続税対策としても有効です。

ただ、その場合には得てして、業務・商業用途の建物になりがちです。居住用途に比べれば、賃料負担力が高く、より高額の賃料を得ることが可能だからです。住居、特に賃貸住戸はこうして、地方都市の中心部から次第に駆逐され、業務・商業用途の建物に置き換わってきたのです。ところがそれは、住民が都市の中心部からいなくなり、街の活気を低下させていきます。社会は常に人がいるからこそ成り立っているのだと思います。居住者がいなくなれば、いくら昼の賑わいがあったとしても、街の活気は維持できません。

また、土曜日、日曜日には歩いている住人がいない都市もできてきます。繁華街として賑わっていた時代には、商店街にまだ商店主家族が住んでいました。それが、先ほど申し上げた理由から建物は業務・商業用途に変わってしまったことで、郊外に移り住み、そこから都市の中心部に通うような経営形態に移行してしまったのです。業務・商業用途の建物を建設するにしても、街に活気を取り戻す観点に立てば、住居併設が理想であると思います。事業計画上も決して、無理のある提案ではないはずです。

街

むしろ、合理的であるとさえ言えます。それは、階層別の賃料に正反対の傾向が見られるからです。業務・商業用途が一般に、下層階ほど高額なのに対し、居住用途では一般に、上層階ほど高額なのです。したがって、これらをうまく組み合わせれば、階層別の賃料収入をほぼ一定に保つことができます。
もちろん、―階エントランスは、業務・商業用途と居住用途とで別々に確保するなど、動線の混乱を招かないような計画上の配慮は欠かせません。貨借人として住居を借りて住む側にとっても、中心部に住居があれば、通勤・通学に40、50分から1時間も時間を掛けずに済むようになります。その時間をほかに充てられるようになれば、それだけ暮らしを豊かにできるのではないでしょうか。


関西の大学に通いながら,一人暮らしを考えている方にお勧めなのが,甲東園駅周辺の賃貸物件。
甲東園は,治安も良く,綺麗に整備されていて,平坦な道が多いことから,駅まで歩くことも,苦ではありません。
また,甲東園は高級住宅街なイメージがあると思っている方も,多いでしょう。ですが,そんなことは無いんです!確かに,家賃が高そうな物件もいくつかありますが,一般的な賃貸物件も多く掲載されています。甲東園に生活されている方は,比較的に温厚な方ばかりです。
極端に庶民は,セレブ派,そういう訳ではなく,中間的な考えを持っている方が多いでしょう。駅の近くには学生さんも多く住んでいるので住みやすい場所だと思います。これから一人暮らしを考えている方!甲東園で,賃貸物件を探してみてはどうでしょうか。

豊島区に属する大塚駅は渋谷方面へのアクセスがスムーズな地です。また大塚駅周辺はファミレスやカフェ,コンビニ,学校,銀行,公園,ファーストフード店、夜は一杯気軽に飲めるお店,など便利施設が点在していて暮らしやすさ至るところで感じられる穴場なエリアです。住環境が整備された住みやすさが抜群な街です。私も子どもが大きくなり家が手狭になってきたので新築一戸建て物件を大塚駅近くで購入したんですが,駐車場付物件が見つかりとっても嬉しかったです。またお買い物環境にも恵まれているのでとっても豊島区が気に入っているんです。建物自体も収納スペースが広く新築一戸建てを無理なく購入できて良かったです。これから東京で引っ越し予定なら住環境が整備されてた豊島区周辺が新築一戸建てを購入するなら最適と言えますよ。

埼玉の浦和は横浜や宇都宮へも直通でアクセスすることができる有名な大宮と並ぶぐらいの都市ということを,ご存知の方も沢山いるかと思います。さらにこの浦和は実際に住んでみても住みやすいとてもいいエリアだと感じることでしょう。
東京へのアクセスの良さばかりが目に着き,そのほかにも魅力を多く持っているエリアです。たとえば,駅周辺には大型スーパーもあって基本,買い物で困ることがありません。さらに,子育てにオススメな環境である理由として浦和周辺は条例により町の外観を損なうお店の設置を禁止しているので,いい賃貸物件を埼玉県の浦和エリアなら見つけることができます。道路幅が広いのが特徴で,大宮よりも人が少ないのでベビーカーを押していても安心に感じることができます。なので,ぜひ埼玉の賃貸物件への引越しをお考えの際は浦和も一つの候補にしませんか。